Engrave with!!
手彫り工房ブログ

手彫り工房のオフィシャルブログです。金属彫ってます。彫ってます。

線彫りタガネを作ろう。 彫金アクセサリー教室

2017
26
こんにちは。

こちらは彫金アクセサリー教室です。

線彫りタガネとは、その名の通り線を彫るためのタガネです。
片切タガネと比べ、細い線を彫ることに適しています。
線の幅を変えることは難しいですが、ヘアラインから彫り留まで幅広く活躍してくれます。

線彫りタガネとは。


実は片切タガネより作るのが難しいので、ずっと後回しにしていた線彫りタガネ・・・。
ついに作っていきます!
作れさえすれば、扱いは簡単なので、ここが峠なのです!

まず、線彫りタガネの刃先を見てみましょう。
下側に2面上側に1面で、刃先は3面になります。
パッと見の印象は大きく異なりますが、両方とも線彫りタガネです。

上1面
線彫りタガネを作ろう (1)

斜め下から撮った構図
線彫りタガネを作ろう (6)

上1面、下2面が見える構図
線彫りタガネを作ろう (3)

線彫りタガネの作り方


タガネの大きさは1号か2号でいきましょう。
あまり大きすぎると、削るのが大変ですからね。

赤タガネを使う場合は、片切と同様に焼きなましや焼き入れなどをしっかり行いましょう。


削る順番としては
下側2面を削ってから上1面を削るのが私的にはやりやすいです。
ここは人によって違うはずなので、みなさんもいろいろなやり方を試してみてください。

2つの角度


さて、線彫りタガネを作るには2つの角度が大切です。
今回は2本の対照的なタガネを見本にしてみました。

まずは、真横から見て・・・
線彫りタガネを作ろう 真横からの角度
真横から見た時の角度が大きいほど深く彫りやすくなります。
逆に角度が小さいほど浅く彫りやすくなります。

初めは角度が小さい方が扱いやすいので、「角度小」と書いてある方を参考にしてみてください。
角度は40~50度といったところです。
とはいっても、多少大きくなりすぎたり小さくなりすぎても彫れるので、
最初はそこまで細かく気にしなくてもOKです。


2つ目の角度は、下から見た時のものです。
線彫りタガネを作ろう 角度1
下からの角度が小さいほど幅の狭い線が彫りやすいです。
逆に大きいほど幅の広い線が彫りやすくなります。

幅の広い線を彫れるタガネの方が若干扱いやすいので、
下から見た時の角度は「角度大」と書いてある方を参考にしてみてください。
角度は大体60~80度くらいまでです。
90度付近まで行くと彫りにくくなるので、気持ち角度小さめにすると成功しやすいかもしれません。

角度と幅が左右対称であること。


2つの角度について説明しましたが、
線彫りタガネの製作で難しいのは下側2面を左右対称にすることです。
線彫りタガネを作ろう 左右対称
左右で角度や刃の幅が変わると途端に彫りづらくなります。
ただ、作れさえすれば使うのは片切タガネよりもずっと簡単です。
最初にも書いたように、峠は作るところなので、ミスしてもめげずにいきましょう。

それでは。