Engrave with!!
手彫り工房ブログ

手彫り工房のオフィシャルブログです。金属彫ってます。彫ってます。

彫るための固定(しっかりヤニVer)2-4b

2016
07
こんにちは。

こちらは彫金アクセサリー教室です。


彫るための固定の2回目です。
前回は簡易版でしたが、今回はヤニで固定していきます。

あと、今回は下手くそな絵が出てきます。私のお絵かきの練習にお付き合いください。
大丈夫。わからないことはないはず(笑)

ピッチボールか、バイス&ヤ二台セットか


ここで使う道具は、ピッチボールか、バイス&ヤ二台セットかの2択になります。

お値段はピッチボールの方が安め。
でも、この先リングを作るつもりならバイス&ヤ二台の方が便利だったりします。

野沢製作所で
ミニピッチボールは約5200円
ヤフオクとかでお買い得品があるかも。

バイス&ヤ二台は約22000円
安くて使いやすい半球系バイスが売り切れちゃってますので、球体バイスで算出しています。
球体タイプのバイスはかなり傾けることができるので、リング彫る時なんかこれはこれでかなり便利です。

選択次第で費用はけっこう変動します。
例えばバイスはミニバイスなら安く収まります。ただ、ミニバイスはちょっと軽すぎるかなというのがあります。
ピッチボールもなんかAmazonで安いのがでてますが・・・。

これ、使えるんだろうか?
軽すぎると彫金しているときに揺れたりするんですよね。
今のところ評価ついてないしなぁ・・・。

ヤニについて


ヤニは自分で作ることもできますが、ここでは扱いません。
例えば額なんかの壁面装飾を鍛金で作りたいなど、ヤニがたくさん必要な場合は自分で作った方が良いです。
だから、今やるのは経済的ではないと思います。なにより大変ですしね。

自分のヤニが欲しい!ってなったら作ればいいと思います。
というわけで、ここでは既製品のヤニを使う方針で行きます。

ヤニは3種類


今回使うのは普通の完成ヤニです。

他には、前回使ったヒートクレイ(ヒートフォーム)と赤ヤニです。

赤ヤニはヒートクレイと普通のヤニの中間くらいの使い心地みたいですね。
ヒートクレイと同じくお湯で柔らかくなるタイプです。

ヤニを溶かそう。


いよいよ作っていきます。

まずは小石を敷き詰めます。そこら辺の小石で良いです。
ヤ二台は小石を詰めなくても大丈夫ですが、ちょっぴり安定するような気がします(笑)
ピッチボールは安定させるために入れましょう。
ヤニ台1

ヤ二第の石は枠の高さと同じかちょっと高いくらい。
ピッチボールはだいたい3分の1以上入れましょう。

ヤニは遠火で溶かそう。


石を入れたら後はヤニを溶かして入れるだけ。
ちょっと匂いがするので、窓を開けてください。
あと熱が伝わると熱いので、熱するところから遠いところを持ってくださいね。
ヤニ台2

熱し始めてから溶けるまでちょっとだけタイムラグがあります。
でも、遠火は維持してください。直火でやるとヤニが焦げます。

台形にできるくらいヤニがはいったらOKです。
ダラ~っと溶けたヤニを切るために割りばしがあると便利です。

ピッチボールはきっちり並々になるまでヤニを入れてください。
ヤニ台の方は盛り上がって台形になるくらいまでです。
ヤニ台3
ハンマーなどをつかって上面をきれいに整えてあげましょう。



今回、ちょっと長々と説明しすぎたかもしれません。
こういうところ、難しいなぁ。

それでは。