Engrave with!!
手彫り工房ブログ

手彫り工房のオフィシャルブログです。金属彫ってます。彫ってます。

彫るための固定(簡易版):彫金アクセサリー教室 第一章 2-4a

2016
26
こんにちは。

こちらは彫金アクセサリー教室です。バックナンバーはこちら。


今回は、彫るために金属板を固定します。
紹介するやり方は2つ。
今回のは簡易版です。

簡易版のテーマは、安く早く、です。

用意するもの


大きめのC型クランプ2つ。
ヒートクレイ
四角い枠
金属片
小さな鍋
割りばし
です。
クレイで固定簡易版 (2)

↓四角い枠、というのはコレです。
クレイで固定簡易版 (5)
確か何かのお菓子のフタだったもの。一辺が6cmくらい。深さは1㎝くらい。
四角で小さくて浅い皿のようなものがあれば、OKです。寸法はそんなに気にしなくてもいいです。
大きいとヒートクレイがたくさん必要になるかもしれませんがね。
もし、しばらく使う予定なら壊れるかもしれないので金属製のものがおすすめです。

使ったヒートクレイは100gでした。
一個20グラムで販売されていたので、5個分ですね。
枠にもよりますが、多分3~4個でもいけます。
ちなみに、1個300円チョイです。

小さな鍋は安いものでいいので、専用のものを買った方がいいです。
ヒートクレイがくっつきます。
鍋がないなら、インスタントの鍋焼きうどんの空容器なんかでも代用できるかと思います。
あるいは、時間かかるかもしれませんが、ビンの中に入れて湯煎するとかでもOK

すぐに彫ってみたいなら、オタフク槌とタガネも用意してください。
クレイで固定簡易版 (30)

ヒートクレイを茹でる


ヒートクレイ茹でましょう。
沸騰したらヒートクレイを投入してください。
クレイで固定簡易版 (9)

石のようだったアイツも、やわらかくなります。
鍋にくっつかないよう、ひっくりかえしたりしましょう。

芯まで柔らかくなったら、とりだして・・・
クレイで固定簡易版 (12)
↑お湯を切れば、素手でも持てます。怖い人は、手の平にゴムが張り付けてあるタイプの手袋を使いましょう。
 軍手は使わないでください。ヒートクレイがくっついてやりにくいです。

四角い枠にドーン!
クレイで固定簡易版 (13)

平坦にならして、金属片をこていします。
端っこにちょっとクレイをかぶせてやると効果的です。
クレイで固定簡易版 (15)

固定できたら、柔らかいうちに彫金机までGO
今度は、C型クランプで机に固定します。

まだ柔らかいので跡が付きます。
クレイで固定簡易版 (22)

片方は軽く跡をつけ、もう片方は深くまでメリこませましょう。
めり込ませるとき、クランプにヒートクレイが被さっていると取れなくなるので注意です。
クレイで固定簡易版 (21)

冷めたら、もう一つのクランプも取り付けて完成。
クレイで固定簡易版 (18)

これで、固定できています。

金属板を固定する位置を間違えるとこんな風に被るので注意です。
クレイで固定簡易版 (26)


彫ってみた


軽く彫ってみました。問題なく彫れます。
クレイで固定簡易版 (28)
彫り方は、また後程紹介します。お楽しみに。
とはいえ、タガネがしっかりできていれば、思考錯誤すればいけるとは思います。
待ちきれない方は、ぜひやってみてください。

あと、彫れることは彫れますが、音がうるさいですね。
クランプで固定してしまっているのでしょうがないですが、アパートやマンションではやめた方がいいかも。
簡易版ではない方はもう少し静かです。


それでは。