Engrave with!!
手彫り工房ブログ

手彫り工房のオフィシャルブログです。金属彫ってます。彫ってます。

彫金アクセサリー教室 第一章 1-3:まっすぐ切る前編

2016
08
こんにちは。
こちらは彫金アクセサリー教室です。バックナンバーはこちら。

便利な木の板(すり板)を作ったところで、金属を本格的に切っていきましょう。

固定には、親指と手の平とすり板


前回、切るのに大切なのは腕の可動域と固定だと書きました。

腕の可動域はすり板の位置などを調整してもらうと解決できます。
しかし、固定はすり板だけでは解決できません。
そのため、すり板を作り終えた時点で、金属板の固定が一番大切になってきます。

金属板を押さえるときは、上から親指で押さえて
下から手の平の横で挟みこむ感じですね。
まっすぐに切る (6)
まっすぐに切る (5)
実際に切るときにはすり板も支えになってくれます。
あえて「挟みこむ」という表現を使ったのは、上下だけでなく左右の動きも押さえるためです。

ただ、ある程度の大きさのある金属板でないとこの固定法は使えません。
本にも載ってない私の経験則なので、人によっては別の押さえ方の方が良いかもしれませんしね。
さらに、切るときの固定はモノによって変えないといけないので、結局は創意工夫になります。

まっすぐに切る (11)
多少慣れると刃と親指の距離が近くなります。
近いと当然ケガしやすくなりますから、最初はここまでやる必要はありません。
慎重かつ大胆に、不安なら手袋をしてやりましょう。

まっすぐの線を引こう


まずはまっすぐに切ってもらうわけですが、そのためには線を引かねばなりません。
鉛筆などはすぐ消えてしまうので厳しいです。
そのため、油性ペンかケガキで傷をつけるかの2択です。
ケガキとは、金属板などに傷をつけて線を引くことです。

私としては、ケガキで傷つけるのがオススメです。
理由は、線が細くて消えにくいからです。
といっても、好みもあるので両方やってみると良いですね。

↓写真では非常にわかりにくいですが、実はもう線が引かれています。
まっすぐに切る (14)

私は赤タガネを加工してつかっています。細い針やとがった金属でも代用可能です。
いちおう裁縫用の針も使えますが、紛失しやすいのでオススメはしません。
まっすぐに切る (18)

定規は金属製だとやりやすいですが、普通ので良いです。
あと、油性ペンを使う場合は、定規にインクがつきます。

切り始めと角度。


みなさん、前前回試しに切ってみた時、切りはじめはどうでしたか?
板が震えたり、刃が入りにくかったりしませんでしたか?

もし前回の試しで上手くいったなら、そのやり方でOKです。
特にこういう細かいところは、個々人に合ったやり方というのがありますからね。
これから書くのは参考程度にしておいてください。

上手くいかなかった方、もしくは上手くいったかどうかもわからなかった方、しっかり読んで実践していきましょう。
大丈夫。私も最初のころは3cm進んだくらいでイトノコ刃折ったりしてましたから(笑)

切りはじめの角度はこんな感じです。
まっすぐに切る (21)
写真で見るとそうでもないようですが、思ったよりも前に傾けています。

そうです。切りはじめはメッチャ傾けるとやりやすいです。
もちろん、慣れれば垂直でもできるようになりますが、やりやすいことには変わりないですね。

その後、刃が入ったら角度はこんな感じです。
まっすぐに切る (25)
気持ち前に、という感じです。
切りはじめと同じ角度のままでも、まっすぐなら切れなくはないので、自分に合った角度を探してみてください。
色々試すと違いがわかっておもしろいですよ。


それでは。

追記:切り始め、について書き漏れがありました。こちらもどうぞ。