Engrave with!!
手彫り工房ブログ

手彫り工房のオフィシャルブログです。金属彫ってます。彫ってます。

フラックスを作ろう 彫金アクセサリー教室

こんにちは。こちら彫金アクセサリー教室です。今回と次回はロウ付け(実際に火を使う)までの準備編になります。じっくり準備していきましょう。フラックスは酸化膜を除去し、ロウを流れやすくするため使います。フラックスを作ろう今回は、フラックスを作っていきます。方法は簡単。限界まで水にホウ砂を混ぜるだけ、です。ホウ砂の飽和水溶液をつくれば、それがフラックスです。普通に水に混ぜても良いですが、お湯に溶かすとよ...

2017
03

ロウ付けで使うもの 彫金アクセサリー教室。

こんにちは。こちらは彫金アクセサリー教室です。今回はロウ付けで使う道具を紹介します。銅、真鍮、銀で用意するものがちょっと異なる場合もあるので、注意してください。ちなみに、私は彫金のロウ付けでは真鍮から挑戦するのをオススメします。ちょっと長くなりますが、根気よく付き合ってやってください。ちょっとその前に、難度について。と、さっそく道具についてやっていきたいのですが、その前に書いておきたいことがありま...

2017
30

ロウとは、ロウ付けとは何ぞや? 彫金アクセサリー教室

こんにちは。こちら彫金アクセサリー教室です。今回から新しく「ロウ付け」についてやっていきます。新章突入!です。ロウ付けができるようになると、作れるものの幅が一気に広がります。むしろ、彫りとかいいからさっさとアクセサリー作りたいんじゃ~、という方はここから真剣にやっていくのもアリです。ロウ付けとは簡単に言えば、ロウ付けとは金属と金属をくっつけるための方法の一つです。「ロウ」とはいわば金属と金属をくっ...

2017
25

バリを取る 彫金アクセサリー教室

こんにちは。こちらは彫金アクセサリー教室です。今回は、前回宣言した通りバリ取りについてやっていきます。バリより手前から黒く塗りつぶしてあるところがバリです。3本線の真ん中の点線が一番低い「谷」にあたる線ですね。バリを取るときは、赤線で囲ってあるところを切り取るようにします。バリよりちょっと広めに切り取るときれいにできます。あくまでも、ちょっと広め、です。ピンポイントでバリだけ取ろうとするとえぐり取...

2017
08

1mm以下の目算の誤りが、象嵌を狂わせた。

こんにちは。先日から緋色銅を銀のリングにはめ込む(象嵌 ぞうがん)ことをを試みております。あと少し、でできる!そのはずなのに・・・これを見てください。見事にはみ出しています。これ、はめ込む緋色銅がわずかに長かったためです。絶対に1㎜はオーバーしてません。多分、0.5mmくらい。目算の誤りで、全てが狂いました。くっそ~。とはいえ、小さいミスもまだチョイチョイあるので、次はより改善できるでしょう。日々勉強・...

2017
22