Engrave with!!
手彫り工房ブログ

手彫り工房のオフィシャルブログです。金属彫ってます。彫ってます。

インゴットを延ばして整える。

こんにちは。こちらは手彫り工房の彫金教室です。彫金教室のバックナンバーはコチラ。今回からインゴットをローラーと金槌で延ばしていきます。ひとまず、線引き盤の一番大きな穴に入るまで細くできればOKです。ただ、できるだけキレイな形(断面が正方形)でより細く延ばせると線引きの回数が減らせて楽できます。基本は圧延ローラー使用を推奨ちょっとお高めではありますが、基本的に圧延ローラーをオススメしたい工程です。金槌...

2019
10

銀と銅を溶かし、インゴットを作る。

こんにちは。こちらは彫金教室です。前回までモノをそろえたり、チョコ皿ととのえたり、数学が始まったりいろいろありましたね。今回は、いよいよ溶かしていきます。ホウ砂を入れて前回用意した銀銅が入ったチョコ皿にホウ砂を入れます。固形のホウ砂に加え、ホウ砂の水溶液であるフラックスも入れると全体にいきわたりやすくてGOODあけ型に油を金属を流れやすくするため、あけ型に油をしきましょう。私と同じあけ型を使用されるか...

2019
01

銀・銅の計算と計量(下準備その2) ~彫金における銀線の作り方・自作~

こんにちは。こちらは彫金教室です。彫金教室記事のバックナンバーはコチラ前回、次から溶かしていくよと書きました。(←現在修正済み)ごめんなさい。まだ計算と計量が残っていました。さぁ、数学教室の時間です電卓かexcel使っていけば、計算自体は簡単です。今回は、彫金教室ならぬ数学教室ですね。ただ、密度(比重)なども計算に入るので、一応ちゃんと解説していきます。それくらいの計算何ともない、という方はざっと斜め読...

2019
25

彫金における銀線の作り方・自作 ~溶かすのに必要な道具とチョコ皿の下準備~

こんにちは。こちらは『彫金教室』の記事です。彫金教室バックナンバーはコチラ今回は金属を溶かす前の下準備です。溶かせるバーナー銀や銅を溶かすならどちらかのバーナーをオススメします。1700度以上出るものなら、たぶん大丈夫です。2000度なら、量にもよりますが、早めに溶けます。以下、説明を。銀95%、銅5%をバーナーで溶かします。・・・溶かしていくのですが、銀や銅を溶かせるバーナーと溶かせないバーナーがありま...

2019
22

彫金における銀線の作り方・自作 ~線引き機のアレンジ・改造~

こんにちは。こちらは彫金教室です。今回は線引き機をアレンジしていきます。前回の線引き機は木材にウインチと座金付きナットとボルトを固定して完成でした。文字にすると簡単そうですが、材料と固定する位置がしっかり選ぶ必要がありましたよね。ストッパー:音がうるさい上に、危ないまずアレンジおすすめポイントはウインチのストッパーを外すことです。↓外した後使っていただくとわかりますが、ハンドルを回すとカチカチとけ...

2019
29