Engrave with!!
手彫り工房ブログ

手彫り工房のオフィシャルブログです。金属彫ってます。彫ってます。

彫金における銀線の作り方・自作 ~線引き機のアレンジ・改造~

こんにちは。こちらは彫金教室です。今回は線引き機をアレンジしていきます。前回の線引き機は木材にウインチと座金付きナットとボルトを固定して完成でした。文字にすると簡単そうですが、材料と固定する位置がしっかり選ぶ必要がありましたよね。ストッパー:音がうるさい上に、危ないまずアレンジおすすめポイントはウインチのストッパーを外すことです。↓外した後使っていただくとわかりますが、ハンドルを回すとカチカチとけ...

2019
29

彫金における銀線の作り方・自作 ~線引き機を作る~

こんにちは。こちらは彫金教室です。今回は線を作るための機具をつくります。↓初号機。油などでちょっと汚くなってます。線引き機の材料材料ウインチ(ベルト)ウインチを固定するためのネジSPF材座金付きナット(固定するための穴つき) & ポール(径1cm)座金付きナット用の4.0mm径のネジ8本道具電動ドリル定規鉛筆材料詳細説明ウインチウインチは必ずベルト式のものを選んでください。ワイヤー式だと力点がズレにズレて線がち...

2019
21

線の作り方~線を作る方法 概要~ 彫金教室

こんにちは。こちらは彫金教室です。今回から新しく「線の作り方」をやっていきます。説明するのは1.線引き機を作る。2.シルバー950のインゴットを作る。3.線引きをする。の3部構成の予定です。シルバー950は銀95%、銅5%の配合です。金属の配合によって線の作りやすさはかなり変わります。硬すぎず、柔らかすぎず、そこそこ粘りがあり、割れないそんなシルバー950はかなり線を作りやすい部類です。最初に線を作るのにピッタリな...

2019
29

ヤスリ掛けは「不安定な感覚」こそ頼りにしよう。

こんにちは。こちらは彫金教室です。今回はヤスリ掛けの「感覚」についてです。前置きが長めなので、ちょっと面倒な場合は、「不安定な感覚」こそ頼りにしよう、までスクロール。さらに面倒な場合は、一番最後の「ヤスリ掛け まとめ」なら3行です。ヤスリの持ち方(タガネを作ろう1 後半部分)とヤスリで削る(ロウ付け下準備 後半)を読んでもらえるとこれからの話がわかりやすいので是非。特に「ヤスリで削る」では「触覚を無...

2019
20

冬だ!気温ダウンだ!フラックス濃度は下がっていないか?

こんにちは。2018年も11月に入りました。みなさん、ロウ付けの失敗増えていませんか?ロウ付けをご存知ない方はコチラ彫金教室目次はコチラ冬になると突然ロウ付けの失敗が増える現象毎年気温が下がってきたら注意喚起したいですね、この「冬になると突然ロウ付けの失敗が増える現象」を。今までできていたのに、ロウが上手に広がらず玉のようになって微動だにしない!そんな方は恐らくこの現象のせいです。私は最初、自分が下手に...

2018
09