Engrave with!!
手彫り工房ブログ

手彫り工房のオフィシャルブログです。金属彫ってます。彫ってます。

ドリル刃を研ぐ

こんにちは。こちらは手彫り工房の彫金教室です。バックナンバーはコチラからドリル刃の前に包丁を研ぐという遠回りをしましたが、今回はちゃんとドリル刃を研いでまいります。全く穴が開かなくなる理由研ぐ前に、ドリル刃の研ぎと成形についてちょっと書いてまいります。ドリル刃は使っていくと当然摩耗して切れなくなってきます。そして、ある時点で一気に全く切れなくなり、全く穴が開かなくなります。ある程度の摩耗なら手動で...

2021
19

包丁の研ぎ ~ドリル刃研ぎの前段階となる技術として~

こんにちは。こちらは手彫り工房の彫金教室です。バックナンバーはコチラから角度を感じる。~前段階となる技術~ちょっとドリル刃の研ぎから逸れるようではありますが、包丁研ぎからやっていきます。包丁研ぎは調べれば情報がたくさん出てきますし、私も前に記事にしたことはあったりします。だから書かなくても良いかな、と当初思っていました。しかし、少し調べるうちにあまりに数字が具体的すぎる記述が多いことに気づきました...

2021
17

ドリル刃を研ぐ、金属に穴を開け続けるため。 彫金教室

こんにちは。こちらは手彫り工房の彫金教室です。バックナンバーはコチラから地味だけど重要。縁の下の力持ち。そんな立ち位置のドリル刃研ぎを今回からやっていきます。彫金で金属に穴を開けるとできること穴を開けるとできるようになることはたくさんあります。穴をイトノコで広げて模様を出す「透かし」採光のためにも下穴が欲しい「彫り留め」この前やった「覆輪留め」の下穴でもドリルは必要でしたよね。その他ふとしたときに...

2021
12

覆輪の研磨

こんにちは。こちらは手彫り工房の彫金教室です。バックナンバーはコチラから今回は覆輪の研磨についてです。ヒートクレイを外すヒートクレイなどを使っている場合は研磨する前に外します。このときリングごと熱湯に浸さなければいけません。ここで問題になってくるのが留めている宝石の耐熱性です。耐熱性の低いものは熱にさらすと曇ったり割れたりすることがあります。そのため、サンゴや真珠などは熱が伝わらないよう細心の注意...

2021
14

覆輪留めをしよう 彫金アクセサリー教室

こんにちは。こちらは手彫り工房の彫金教室です。バックナンバーはコチラからここまで長かった。さぁ、いよいよ覆輪留めの時間です。今回使う道具は前に作ったならしタガネとオタフク槌、リングを固定するためのモノです。指輪の固定彫るにあたってリングを固定する必要があります。私が使っているのはヒートクレイと半球バイス(彫刻台)の組み合わせです。柔らかくなったヒートクレイを指輪に通してバイスで挟んで固定します。石...

2021
03