Engrave with!!
手彫り工房ブログ

手彫り工房のオフィシャルブログです。金属彫ってます。彫ってます。

根元まで使いやすいロールサンダー

こんにちは。リューターでの研磨で便利なロールサンダーですが、使い続けると根元の方が太いままで段差ができて使いにくくなってきます。上の写真は市販品で、自作だと多少マシです。しかし、やっぱり段差はできてしまいます。通常のロールサンダー自作記事はコチラ接着部分を重ねない接着部分を何重にも重ねることで、剥がれない部分ができて段差ができてしまいます。それなら、接着部分を重ねなければよいという簡単な話ですね。...

2018
18

緋色銅 バーナー3本体制・・・で、電卓が溶ける。

こんにちは。緋色銅の作り方をまた色々と試しています。今回は、バーナー3本体制です。色を均一に、もっと良くより色を均一に、より色をよくするため、バーナーを3本体制にしてみました。イイ感じの色はチョイチョイ出てはいましたね。2本体制でやっていたころに比べ、いくつか工程も減らせました。しかし、バーナーの位置が難しいため、どのみち厳しかったかなとも思います。ただ3本の炎を並べるだけではダメで、炎の一番良い部分...

2018
04

カーネーションの彫り決定版

こんにちは。長かった・・・。カーネーション彫りが決まりました。真ん中と周辺は別物一つの花だから、一つの彫り方・・・とは限らないようです。真ん中と周辺は完全に別物。真ん中を彫ってから周辺部を飾り付ける、みたいな彫り方です。真ん中がどうしてもきれいに彫れなくて悩みました。しばらくは小さな〇を彫って中身を割る感じで花びらを彫っていたのですが、どうしても汚い。そこでいくつかの弧を組み合わせる感じにしたら上...

2018
29

歯車からカーネーションへ

こんにちは。とある事情からカーネーションを彫る前に歯車を彫っていました。今回は、歯車にいったん見切りをつけてカーネーションを彫っていきます。歯車に見切りをつけた理由理由は、ある段階からカーネーションより難しくなったと感じられたためです。小さく彫るのもそうですが、小さな歯車をかみ合わせる構図は確実にカーネーションより難しいです。そのため、いったん見切りをつけることにしました。↑直径約2.3㎜じきにまた取...

2018
22

カーネーション前の歯車彫り

こんにちは。前の記事でカーネーションにチャレンジしていると書きました。今回は、そのカーネーションの前に歯車を彫っていこうという記事です。なぜ?カーネーションの前に歯車カーネーションに挑戦している過程で、一つ方針を決めました。それは、花びらを彫るのではなく、花びらと花びらスキマをくりぬいていくように彫ろうと。特に中心部分。一言で言えば、浮き彫りに近いです。とはいえ、初めから曲線をくり抜くのは難しいで...

2018
12