Engrave with!!
手彫り工房ブログ

手彫り工房のオフィシャルブログです。金属彫ってます。彫ってます。

彫金における銀線の作り方・自作 ~溶かすのに必要な道具とチョコ皿の下準備~

こんにちは。こちらは『彫金教室』の記事です。彫金教室バックナンバーはコチラ今回は金属を溶かす前の下準備です。溶かせるバーナー銀や銅を溶かすならどちらかのバーナーをオススメします。1700度以上出るものなら、たぶん大丈夫です。2000度なら、量にもよりますが、早めに溶けます。以下、説明を。銀95%、銅5%をバーナーで溶かします。・・・溶かしていくのですが、銀や銅を溶かせるバーナーと溶かせないバーナーがありま...

2019
22

六花 雪のゴールドリング K18

こんにちは。こちらは手彫り工房の作品&商品紹介です。今回は「六花 雪のゴールドリング K18」です。ゴールドでリメイク「六花 雪のシルバーリング」を18金イエローゴールドでも彫ってみました。シルバーの輝きも良いですが、ゴールドもまたキラキラとして美しいですね。六角形の雪の結晶を六角形の雪の結晶をイメージしたリングです。六角形を六分割した後、かなり細かくかつ細い線を彫って雪の結晶らしさをだしております。さ...

2019
04

彫金における銀線の作り方・自作 ~線引き機のアレンジ・改造~

こんにちは。こちらは彫金教室です。今回は線引き機をアレンジしていきます。前回の線引き機は木材にウインチと座金付きナットとボルトを固定して完成でした。文字にすると簡単そうですが、材料と固定する位置がしっかり選ぶ必要がありましたよね。ストッパー:音がうるさい上に、危ないまずアレンジおすすめポイントはウインチのストッパーを外すことです。↓外した後使っていただくとわかりますが、ハンドルを回すとカチカチとけ...

2019
29

めぐり 種、芽吹いて花開く シルバーリング

こんにちは。こちらは手彫り工房の作品&商品集です。今回は、「めぐり 種、芽吹いて花開く シルバーリング」です。めぐり種が落ちて芽吹き花が咲く。そしてまた種が・・・という、植物の生命の「廻り(めぐり)」をテーマにしたリングです。種、葉、芽、花細かい葉脈の葉っぱ深めに彫った立体的な花にクルンと巻いた唐草のツル、丸っこい種バラエティに富んだ彫金を楽しんでいただけます。それでは。...

2019
28

切子テイストのゴールドピンキーリング K18

こんにちは。こちらは手彫り工房の作品&商品紹介です。今回は「切子テイストのゴールドピンキーリング K18」です。切子テイストとは幾重にも細線が格子状にクロスしております。このクロスしている細線が切子細工っぽいので、切子テイストと名付けました。ただ、技術的にはタガネで彫るリングと削る切子細工で大きな違いがあったりします。1mmの線、0.1mmの彫金ただ彫るだけなら、形にするだけなら、難易度は低い彫金です。しかし...

2019
01