Engrave with!!
手彫り工房ブログ

手彫り工房のオフィシャルブログです。金属彫ってます。彫ってます。

月桂樹リングを彫ってみよう 前編 彫金アクセサリー教室

こんにちは。こちらは彫金アクセサリー教室です。いよいよ、ですね。彫金アクセサリー教室の一番最初の記事で、扱うリングとして挙げた「月桂樹のリング」。2016年5月16日に最初の記事を上げたので、実に2年以上の時を経てやっと月桂樹をリングに彫るところまで来れました。時間がかかりすぎというべきか、よくぞここまで続いたと思うべきか・・・。下準備それではさっそく月桂樹やっていきましょう。前回と同じように中心に線を引...

2018
16

緋色銅リング バリカタ!

こんにちは。こちらは手彫り工房の作品&商品紹介です。今回紹介するのは、「緋色銅リング バリカタ!」です。(緋色銅についてはコチラ)バリカタ!な緋色銅リングこれまで緋色銅リングは柔らかめでした。叩いたり、硬めのコーティングをしたりしてなんとかしようと思っていましたが、この度銀を5%混ぜることでバリカタ!な緋色銅にすることに成功しました。(注:バリカタとは、九州地方でとても硬いという意味。)ちょっと暗...

2018
05

バリカタな緋色銅を目指して

こんにちは。今回は緋色銅の欠点である強度についてです。(緋色銅の説明はコチラ)緋色銅は、当然銅であるために柔らかいです。しかし、アクセサリーにするうえで、やはり柔らかいというのは良くありません。これまで、コーティング剤を変えたり叩いて密度を上げたりしてちょっとでも硬い銅になるよう苦心してきました。でも、やはり限界がありました。そこで、バリカタな緋色銅を目指して素材そのものに手を加えることにしました...

2018
02

リングに幅の広くなっていく彫金を。 彫金アクセサリー教室

こんにちは。こちらは彫金アクセサリー教室です。前回はとにかくリングに彫ってみましたね。今回は、片切タガネで彫る幅を変える練習をしましょう。中央に真っすぐに線を引くまずは下書きです。カニコンパスを持っている方は、片側をフチに引っ掛けてグルっと引けばOKです。カニコンパスを持っていない方は以下のようにしてみてください。先を針のようにとがらせたタガネ(ケガキ)を鉛筆持ちにする。中指を伸ばして指輪のフチと接...

2018
24

泳ぐ金魚は指の上 甲丸シルバーリング

こんにちは。こちらは手彫り工房の作品&商品紹介です。今回は、「泳ぐ金魚は指の上 甲丸シルバーリング」です。丸っこい金魚がゆったり泳ぐ通常、金魚というと細長い「和金」を思い浮かべるかと思いますが、今回は丸っこい金魚である「琉金」に近いフォルムです。尾を長めにしてたゆたっている感じを出せたハズ。細長い「和金」も趣があって良いのですが、尾とのバランスの関係で今回は「琉金」風です。和金や琉金についてリンク...

2018
19